DIYブームの渦中、どのワックスを使えばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は《アンティークワックス》と昨年末に発売した《オールドウッドワックス》の違いと共通点についてご紹介します。

 

img_0946

 

 

【共通点】

どちらも「屋内無塗装木部の着色とツヤだし」のために作られたワックスで、

の保護と着色が同時におこなえる優れものです!

 

嫌な臭いがほとんどしないので屋内での作業も行えます。

※作業中は定期的に換気をしてください。

 

また、天然素材のミツロウを使用した安全性の高いワックスなのでどなたでも安心してご使用いただけます。

 

 

【違い】

アンティークワックスは固練りのワックスなので手や周りが汚れにくく、塗装後のベタつきが少ないのが特徴です。

小物や小さい家具に使うとき便利で、コスパもいいです◎

また、塗装後にタワシやウエスなどで磨くとツヤがでてキレイに仕上がりますよ。

 

ツヤっぽくアンティーク調に仕上げたい方におすすめです!

 

img_0948

 

 

一方、オールドウッドワックスはソフトタイプなので 伸びがよく、広い面積に塗りやすいのが特徴です。

大きな家具やたくさん塗りたいときにぴったりです◎

ワックスにはめずらしく、グレー系の色味がそろっているのでお部屋の雰囲気に合わせて選べますね!

 

 

古材やバーンウッドのような男っぽい雰囲気に仕上げたい方におすすめです!

 

img_0947

 

 

 

写真では伝わりにくいですが、実際に使ってみると アンティークワックスは軽く、つやつや。

 

img_0951

 

 

オールドウッドワックスはしっとり、重厚感のある印象です。

 

img_0953

 

ぜひ、使いたいものやイメージによって使い分けてみて下さいね!

 

 

★詳しい商品情報はこちらをご覧ください。

アンティークワックス:https://turner.co.jp/antiquewax/

オールドウッドワックス:https://turner.co.jp/paint/oldwoodwax/

 

★オールドウッドワックスで男前テーブルをDIY!

オールドウッドワックスで男前テーブルをDIY!