こんにちは。

カラーコーディネーターの田中しのぶです。

前回は色選びに「トーン」や色相を活用するということをお伝えしましたが、

今日は「パーソナルカラーシステム」を色選びに活用する、

という内容をお伝えします。

パーソナルカラーというのは、

その人に似合う色(洋服やメイク、髪の色)のことをいいます。

似合う色を合わせると、お肌に透明感が出たり、

リフトアップしたり、目力もアップしたり、お洒落な印象になります。

似合わない色は、お肌がくすんで見えたり、

不健康に見えたり、物足りなく印象が薄い感じに…。

着ているとよく褒められる洋服や

パッと顔色が明るく見えたり、着痩せして見えたり…。

反対に

気に入って買ったけど、家で着てみるとなんだかしっくりこなくて

出かける前に脱いでしまう…。そんな経験はありませんか?

それらの「理由」が明らかになるのがパーソナルカラーです。

そんなパーソナルカラーですが、

実は配色を考える上でもかなり役に立ちます。

パーソナルカラーのタイプは4つのグループに分かれ、

シーズン(季節)の名前である

Spring,Summer,Autumn,Winterという名称が付いています。

シーズンのカラーパレットは、大体このような感じになっています。

プリント

4つのシーズンですが、大きく2つに分けることができます。

上の2つ、SpringとAutumnは、

あたたかい印象を与えるウォーム系のグループで

イエローベース/イエローアンダートーンと呼ばれます。

下の2つ、SummerとWinterは、

冷たい・涼しい印象のクール系のグループで

ブルーベース/ブルーアンダートーンと呼ばれます。

イエローベース/ブルーベースの考えは

暖色・寒色という考えとは異なるものです。

例えば「赤」は暖かさを感じさせる「暖色(だんしょく)」ですが

%e8%b5%a4

2つの赤を比べてみると、左の方がより暖かい印象。

右は少しクールな印象があると思います。

同じように、青、黄色、緑も左が暖かみのあるイエローベース。

右が冷たい印象のブルーベースになります。

%e9%9d%92

%e9%bb%84

%e7%b7%91

これらのベースは統一させる方が調和します。

イエローベースとブルーベースの中間的な色もあり

中間的な色は比較的どちらでも合わせやすいです。

反対に、明らかなイエローベースと明らかなブルーベースは

ちぐはぐになりやすいです。

(※前回のトーンを合わせたりして調和させる方法もあります)

そして、同じシーズンの色は調和します。

Springでまとめる。とかSummerでまとめるという風に

一つのシーズンでコーディネートすると間違いなく、しっくりときます。

さらに、「イメージを表現」という一歩進んだこともできます。

ファッションでも、インテリアでも

その時その時目に付いたものを「あっ可愛い!」と選んでしまうと

ごちゃごちゃしてまとまりがなくなってしまいますよね?

そうならないためには、

最初に「こう言うテイストでまとめよう!」

とテーマを設定してから、

そのテーマに沿ったものを選ぶのが

コーディネートの一つの考え方です。

シーズンの特徴を順番に見ていきますと

Springには、CUTE、POP、元気…などのイメージがあります。

プリント

Autumnには、シック、落ち着いた、大人っぽい

…などのイメージがあります。

プリント

Summerには、ソフト、上品、エレガント

…などのイメージがあります。

プリント

Winterには、モダン、シャープ、ダイナミック

…などのイメージがあります。

プリント

ところで

10月から、ターナーJcolourとミルクペイントを使って

マンションのペイントリノベーションを行っています。

そこでも、パーソナルカラーシステムによる配色調和を活用しました。

具体例として次回の記事でご紹介していきます。

パーソナルカラー診断について

最近はインターネットで、YES NO答えていくとタイプがわかるというものもあるようですが

リアルな診断方法は、ドレープと呼ばれる布をお顔の下にあててめくっていくことで行います。

10年以上この仕事をしていても、「意外!!」と驚くことも多いですので

本当に似合う色を知るにはリアルに診断をしてみてくださいね(関西の方は、ぜひコロリエへ…)

と、最後はまたまた宣伝で失礼いたしました。

logo%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%82%a8http://school-colorier.com