「はじめまして。カラーコーディネーターの田中しのぶと申します。

人を美しく見せる「パーソナルカラー」や空間を調和させる色のご提案をしています。

 

ターナーDIY商品を使うと簡単でキレイに楽しくペイントができます。

この楽しさを知っていただきたいと、

私自身もお友達に普及活動をしています。

最初はペイントDIYをするということだけでも満足ですが、

その場所に最適な色を選べたらもっとお気に入りになりますね。

どのように色を選べば良いかという参考にしていただくために、

色のお話をしていきます。

 

【トーン(色調)を揃える】

プリント

トーンとは「色調」を意味します。

PCCSという、日本で考えられた色の調和をはかるためのシステムです。

 

「色」ときくとまず「赤」とか「青」とか「緑」のような

「色相(しきそう)」が浮かぶと思いますが、

トーンとはそれら色相の薄さ・濃さの加減と思っていただいたら良いでしょう。

トーン表では、基準となるビビッドトーン(純色)があります。

いちばん鮮やかな色の集まりで、

絵の具をチューブから出したそのままの色をイメージしてください。

一番左にあるのは、

白と灰色と黒で構成されたグレイスケールと呼ばれるものです。

ビビッドトーンに近いほど色の純度が高く、

ビビッドトーンから離れてグレイスケールに近づくほど、

色の純度が落ちていきます。

 

純色(ビビッドトーン)に関しては色相のイメージがダイレクトに伝わりますが、

ビビッドトーンから離れていくに従って、トーンのまとまりが感じられます。

例えば「淡い、女性らしい感じにまとめたいな」と思えば

ペールトーンを中心に色を選んでみてはいかがでしょうか。

エステサロンなどのイメージに相応しいですね。

ブライトトーンは元気なイメージ。「和風やアジアンテイストにしたい」という時は

ディープトーンやダークトーンを選ぶとそれっぽくなりそうですね。

灰色が混ざったトーンを使うとシックなコーディネートになりますが、

下手すると地味になりますので注意が必要です。

トーンを知っておくと、「この色にもう少し白を混ぜた感じ…」

なども想像しやすくなります。

各色には記号がついています。

ビビッドトーンを見てみると

v1は「紫みの赤」

v2は「赤」

v3は「黄みの赤」を表します。

紫みの赤はバラのような赤、黄みの赤は鳥居のような朱色っぽい赤です。

これら“色相の偏り”によるイメージの違いについては、また次回ご説明していきますね。

数字が同じということは、色相が同じということです。

トーンが違っていても色相が同じか近い数字の場合「同系色」として統一感があります。

まとまりを出そうという場合には、色相を揃えてあげるか、

トーンを揃えてあげると良いでしょう。

空間としては、一部屋ごとで考えていくといいと思います。

今のお部屋の状態から、どんな風に色を足していきたいのか、またはまとめていきたいのか…

ということの参考にしてみてくださいね。

同系色で揃えた例として…。

 

第一弾がお手洗いの紹介で恐縮ですが(汗)

我が家は便器が元からピンク色です。

個人的にはインテリアでピンクを使うのは好みではないのですが、

トイレの中だけピンク系でコーディネートしています。
1-2

この棚は元々別の場所で使うために作ったものです。

と言ってもホームセンターで切ってもらった木を、木工ボンドで接着しただけです。

マイナーチェンジですが、

ビフォー画像はこちらです↓↓↓
1-3

木の色そのままというのが違和感があったので、ピンクに塗装しました。

当時はまだミルクペイントが発売されてなかったので、

Jcolourシリーズで塗っています。

ちなみにDIYツールドットコムさんでしか扱っていない

「HAPPYペイント」のプリンセスピンクという色です。

フォトフレームはミルクペイントの

プラスター(漆喰調)メディウムを塗り、

刷毛であえて筋を付けています。
1-4

プリザーブドフラワーの小物は2つとも頂き物なのですが、

甘いテイストなので室内に置いていた時はあまりしっくりこなかったのです。

お手洗いに飾るというのは失礼かもしれませんが…。

今の方が気に入っています。

お手洗いは完全な個室ですので、

お部屋の中とは違うイメージにすることも可能ですね。

カラーやインテリアのテーマを設けると統一感を出せますよ。

 

ということで、

一回目は色相やトーン(色調)で統一感を出すというお話でした。

パーソナルカラーについて興味のある方は、

ぜひカラースクール「コロリエ」のサイトもご覧くださいね。

logo%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%82%a8