…とその前に

ご紹介する塗料を

グループに分けしてみます。

■水性

■油性

■固形の塗料で塗りこんで着色させる

(ワックス)

■液状の塗料で浸透させて着色させる

(ステイン/オイル)

4系列に分けれました

油性と水性の違いについては

「塗料 水性 油性 違い」などのキーワードを検索していただけると

詳しく説明されてるサイトもございます。

油性のもっともメリットとするところは

密着性、耐久性に優れている

というところでしょうか。

デメリットは

ニオイ

使用、保管時に注意が必要(換気や温度・火の気など)

手や服に付着するとめんどうなので

手間がかかるのは確かです。

水性のメリットは

ニオイが少なくあつかいやすいところ。

ターナー色彩も

水性製品が多いです。

最近の水性塗料は

油性に負けず劣らずの

密着性や耐久性を備えております!!

では、

■油性:■固形(塗りこみ)チーム代表

TURNER「アンティークワックス 」。

なでしこ記事写真①

固練りなので

手や塗装箇所以外を汚さず作業ができ、

とても簡単で手軽です。

仕上げにウエスやタワシで磨き上げることで

深みのあるツヤがでます。

べた付きが少ないので

短時間での作業が可能です。

他■油性:■固形(塗りこみ)チーム

(固形といってもシャーベット状やクリーム状なのですが)

なでしこ記事写真②

例えばESHAの

「蜜ロウワックス」「米ヌカワックス」

蜜ロウは

しっとりした膜で木材の表面を保護する天然ワックス。

蜂蜜の巣が主成分です。

木材にウエス(布・紙)を使用し、塗りこむと

自然なツヤとなめらかな表面に

仕上がります。

米ヌカは

硬めの膜で木材の表面を保護する天然ワックス。

天然の米ヌカロウ、植物樹脂などから作られてます。

硬めな膜で自然なツヤを与え、水をはじき

ホコリやキズから守ります。

ワックスは膜を作ることで

木材表面の保護や仕上げに使用し

汚れを落としたり、

静電気防止の役目を果たします。

ワックスの種類によって

硬い膜

しっとりした膜と

選ぶことができます。

あっと

ここで改めてご紹介!

ESHA とは?

E:Ecology(環境)

S:Safety (安全)

H:Healthy(健康)

A:Amenity (快適)をテーマに

自然素材・安全素材にこだわって

開発された製品です。

ですので、おこさまやペットが過ごす

室内の家具やフローリングにも

安心して使用していただけます。

さて、

■水性■液体(染み込み)チーム

「水性ウッドステイン 」

なでしこ記事写真③

やはり水性なので

イヤなニオイも少なく

安心して使えるのがいいですね♪

ただし

水性なので屋内用になります!

■油性系は

またまたESHA シリーズで

なでしこ記事写真④

「カラーオイル」という製品がございます。

木材に浸透し、強化、保護する役目を果たすのですが

フローリング・家具はもちろん、

油性なので

ウッドデッキの着色など

屋外でも使用できます!

カラー展開も木材系(オーク・マホガニー・ウォルナットetc.)などの

茶系はもちろん

グリーンやレッド、

ホワイトもあり

個性的なガーデニングエリアがDIYできます!!

木目が活きてるホワイトのウッドデッキなんて

きっとすごい可愛いと思いますよ!

ワックスもそうですが

ミルクペイントなど

ペンキ類の塗料も

木材の表面に膜をはって

着色するのに対し

こちらは

塗料が木に染み込み、内部で固まるので

木の呼吸を妨げず、

木をしっかり守ることができます。

今回ご紹介したESHAシリーズは

油性系でも

自然由来・自然成分で

製造されていますのでロハスにもマッチング!

(あくまで油ですので取扱いにはご注意ください)

それでは長々と失礼いたしました。