ターナー色彩株式会社

さまざまな色材・塗装方法などをご紹介いたします。

  伝統工法 膠塗り
  • 胡粉塗り
    灰汁止め、木地固め、防カビ、防藻、処理を行い施工します。
  • 天然土性顔料塗り
    当社絵の具メ−カ−世界中の天然土性顔料 黄土、朱土、弁柄、を使い合成酸化鉄より、粒度が大きいため膠の効きがよく、天然のため落ち着きのある上品な仕上がりです。
  • 丹塗り(四三化鉛)銀朱(硫化水銀)塗り、
    新檜材に塗装すると含まれている酢酸などにより変色を起こしますが、木地固めの材料で変色を起こすことなく施工します。又特殊艶消しコ−ティングをすることで、酸性雨、排気ガスなどから変退色を防ぎます。
  • 松煙墨、油煙墨 塗り
    奈良の墨屋さんより入手した松煙、油煙を膠塗りで施工します。
  • ちゃん塗り
    乾性油と鉛白、丹、など酸化促進剤と天然土性顔料、との組み合わせそして下地処理剤でちゃん塗りをします。

  • 実務経験35年以上の職人と部材毎に研究を重ね、紫外線劣化し易い漆の塗膜にUVカットフッ素コ−ティングでサンシャインウエザオメ−タ−促進試験で2000時間、屋外暴露10年、光沢を保っています。コンクリ−トにも漆塗りができます。
  • 金箔押し、飾金具、
    UVカットフッ素コ−ティングで10年以上の実績があります。
  • 日本画(膠、金箔押し)
    洛中洛外図(故丸山石根画伯)の特殊コ−ティング処理をした作品が京都駅前新阪急ホテルロビ−にあり33年間経過した今も冷暖房の影響も受けず変化ありません。
石質の風化防止、防藻、防カビ
石でできた文化財の風化、凍結融解劣化から守り防藻防カビの機能もあり、石像、天然石、土、土器、土塀、漆喰、煉瓦、テラコッタ、日本瓦、瑠璃瓦、台湾瓦、に実績があります。
難燃剤塗り含浸
難燃剤塗り含浸により文化財の難燃施工をいたします。
膠塗りに変わる耐候新塗装材
古色燦然社寺上塗り材、35年以上の耐候性の実績がある塗装材で膠塗りと変わらない仕上がりと発色で25年以上の物件が多数あり、木材の呼吸を止めない。30色の基本色と分光光度計測色で古代の色を再現します。
UVカット5分ツヤをコ−ティングすることで漆塗りと同じツヤで屋外で10年以上実績があります。
膠彩色に変わる新繧繝彩色絵の具
基本24色この絵具は、市販しています。社寺の上塗り材より耐候性で劣りますが、UVカットフツ素コ−ティングで23年間和歌山県新宮市の徐福の門で毎年台風に会い退色を起こしていません。
古色塗り(天然土性顔料と防藻、防カビ剤、の組み合わせ)
埋め木材の古色つけ、新材の古色塗り自然な感じに仕上がります。
30年の実績があります。
某最大のテ−マパ−クでもほとんどの施設で使われています。