色の選び方へ

御影石やマーブルなど石目模様の表現ができます。
御影石模様には海綿を、マーブル模様にはねじった布や
フェザーを使用。力の強弱やつかみ方、塗る.拭き取るな
どの手法によって幅広い表現が可能です。

●使用する道具:海綿

紙や布などの素材感を表現します。布を使用し、布目を
生かした模様、布の持ち方、擦りつけたり拭き取るなど
塗り方の違いによってさまざまな表現が
できます。

●使用する道具:布

さまざまな布のテクスチャーが表現でき、レザー調も可
能です。布地の表現は硬い毛の刷毛などを使用し、刷毛
でかき取ります。レザー調にはソフトナーを用いて、ぼ
かしの工程をプラスします。

●使用する道具:刷毛(硬い毛)

櫛形の専用器具を使って櫛目模様をつけます。一方方向
に、交互に、またジグザグに引くことによって、幾何学
パターンやウェーブなどいろいろな表情をつけることが
できます 。

●使用する道具:櫛形の専用器具

細かい斑点模様を表現します。豚毛の刷毛やスティップ
ラー(四角い刷毛)を用いて、色の境界をたたき、混ぜ
合わせます。混ぜ具合や色によって、変化のある画面が
つくれます。

●使用する道具:櫛形の専用器具