ターナー色彩株式会社

ポスターカラー:一般の不透明水彩絵具の仲間なのに、ムラなくきれいに塗れる、ポスターカラー。 あざやかでマットに仕上がり、ナキ・にじみもありません。 描きやすさで、広く愛されています。「天然樹脂系・不透明絵具」絵具は色を発する顔料と、顔料を定着させるメディウムからなりたっています。 ポスターカラーはメディウムに水溶性のアラビアガムなどを使った天然樹脂絵具。 しかも不透明色です。

仕上がりはムラのないマット
ほかの不透明水彩絵具とのちがいは、まず、ここにあります。広い面でも筆ムラがなく塗れ、ベルベットのようなツヤ消し(マット)に仕上がります。そのうえ粒子が細かいのでのびがよく、筆の運びもなめらかです。
あざやかな発色
発色のよしあしを決定づけるのは、顔料です。ターナーは選りすぐりの顔料を使い、あざやかな発色を実現しました。ニゴリのない高純度な色は、描く者も見る者も、魅了します。
ナキ・にじみがありません
乾燥した濃い色の上にホワイトや淡色を重ね塗りしても、下の色はにじみません。覆い隠す力にすぐれた顔料がもたらす信頼のノンブリード性で、エッジの効いた美しい表現ができます。


ポスターカラーといえば、ターナー。 この定評を支えるのは、あざやかな色そのものだという見方があります。 もちろん、それは正しいのですが。その裏にある、地道でたゆみない成分研究や、高精度な品質管理にこそ、ターナースピリットが息づいているのです。分光光度計や専用コンピュータを駆使。もっともポピュラーな絵具だけに、とてもきちんとつくられています。修正マンセル色票系にもとづき、色相(H)明度(V)彩度(C)三つの角度から記号と数字で色を表示しています。 この色票環を用いれば、経験やカンに頼らず理論だてて配色をしたり、デザイン実習ではより効果的な混色もおこなえます。 一方では、新しい絵具をクリエイトし、一方ではがんこなまでに品質にこだわる。 ターナーが、その実績と信頼を築き上げたポスターカラー。ぜひ、お手元に。

色彩の基礎知識