ターナー色彩株式会社

ポスターカラー:一般の不透明水彩絵具の仲間なのに、ムラなくきれいに塗れる、ポスターカラー。 あざやかでマットに仕上がり、ナキ・にじみもありません。 描きやすさで、広く愛されています。「天然樹脂系・不透明絵具」絵具は色を発する顔料と、顔料を定着させるメディウムからなりたっています。 ポスターカラーはメディウムに水溶性のアラビアガムなどを使った天然樹脂絵具。 しかも不透明色です。

より美しくお使いいただくために
瓶入りの絵具は、使用前にガラス棒などで瓶の中味を均一になるように混ぜてください。
水を加える量は、絵具の半量おどが適切です。絵皿の中で、泡立てず均一によく混ぜてください。水の量が少なすぎると色のノビが悪くヒビ割れを起こすことがあり、逆に多すぎると接着力が弱くなったり、塗りムラの原因になります。
カラスグチにご使用の場合は、ふだんより少し多めの水で溶いてください。
エアーブラシの場合は、さらに多めの水が美しく仕上げるコツです。
シルバー、ゴールドは粉末状ですから、使う量を絵皿にとり、徐々に水を加えながら混ぜてください。もしキャップがゆるんでいたりして水に溶けにくい場合は、中性洗剤を絵具の約1%相当量を加えてください。
吸い込みのよい紙と、絵具の含みがよくコシのある筆を選ぶことが、ムラなく上手に仕上げる第一歩です。
2度塗りする場合は、乾燥後に行ってください。
蛍光色は本来の輝きを出すためには、必ず白地の上にお描きください。顔料が透明なので、光が下地で反射し、まぶしく輝くからです。
絵具が乾燥した場合は、少量の湯か水を入れ、しばらくたってからよく混ぜると元にもどります。
チューブ・キャップの口をよく拭き、キャップをきちんとお締めください。
作品を長期保存する場合は、フィキサチーフや定着剤を塗り、直射日光の当たらない乾燥した場所をお選びください。定着剤は薄く塗って乾かせた後、2度塗りするのがポイント。塗りすぎるとツヤが出るのでご注意を。
白色の筆を使用後、色がついて落ちにくいときは、石けん水で洗ってください。
万一カビがついた場合は、スプーンなどで少し深めにカビをとってください。なおアルコールを少量たらしておくとカビは防げます。